飼育されている爬虫類の中でトカゲは種類も豊富で大きさや色などバリエーションに富んでいます。

ショップにいっても種類が多すぎてどれにしたらいいか分からないなんて方もいるのではないでしょうか。

今回はペットとして飼育することができるトカゲの中からより特徴的なものをご紹介したいと思います。これから飼育していきたい方は是非参考にしてみてくださいね。

ペットで飼えるトカゲはどのくらいいる?

トカゲの仲間はとてもたくさんの種類に分かれており、オオトカゲやヤモリ、カメレオン、イグアナなど全てトカゲです。

トカゲにはまぶたがありますが、ヤモリにはまぶたがありません。そのため厳密にいうとトカゲの仲間ではないのですが、生態や飼育方法などほぼ同じなのでトカゲの仲間としてカウントされていることが多いです。

それぞれのトカゲは大きさや食性などが異なりますので、飼育の際は最初に必ず確認してくださいね。

スポンサーリンク

ペットで飼えるトカゲの種類① 【ヒョウモントカゲモドキ】

爬虫類 初心者



ヒョウモントカゲモドキは、その名の通り体の柄がヒョウのようになっているヤモリ一種です。大きさは20cmほどで、夜行性です。見た目が非常に可愛らしいので、女性にも人気が高いです。

価格は5000~8000円くらいで購入できます。この値段でも割と安価に思えますが、これより安い個体も割といるようなので、購入の際は色々お店を当たるのも良いかもしれませんね。

ペットで飼えるトカゲの種類② 【フトアゴヒゲトカゲ】

フトアゴヒゲトカゲ 飼育方法



フトアゴヒゲトカゲは主にオーストラリアが原産で、体の大きさは40~60cmぐらいです。丈夫で飼いやすく、人にも慣れやすいことからトカゲ飼育の入門種とも呼ばれています。

価格は10000~30000円ほどで、値段は若干高めですが犬や猫に比べると安いですし、鳴くこともないので、集合住宅に住んでいる方でも飼育できるのが魅力です。

フトアゴヒゲトカゲの飼育・寿命・販売価格についてわかりやすく解説

スポンサーリンク

ペットで飼えるトカゲの種類③ 【グリーンイグアナ】

トカゲ ペット



グリーンイグアナは意外と飼育も簡単で、餌も野菜や果物がメインになるため、昆虫食が苦手な人でも飼いやすいのが特徴です。ただし成長すると2mを超す可能性もあるので安易に飼い始めるのは禁物です。

価格は5000~10000円くらいで購入でき比較的安価です。大きくなるため、購入する方が少ないからでしょうか。大きさの問題さえ解決できれば飼育しやすい良き家族となるでしょう。

グリーンイグアナの飼育方法・寿命・販売価格についてわかりやすく解説

ペットで飼えるトカゲの種類④ 【カメレオン】

パンサーカメレオン 飼育



カメレオンも爬虫類に中ではとても有名ですよね。両方の目をそれぞれに動かしたり、体の色を変化させたりと見ていて飽きないのがカメレオンの魅力です。スキンシップもできるので、手に乗せたりして可愛がることも可能です。

価格は種類によって差が激しいカメレオンですが、コノハカメレオンという種類ですと2000~5000円ほどで購入が可能です。ちなみに一番人気はパンサーカメレオンという種類で5万円が一般的な値段で、中には10万円の個体も販売されているようです。

エボシカメレオンの飼育方法についてわかりやすく解説

スポンサーリンク

ペットで飼えるトカゲの種類⑤ 【オニプレートトカゲ】

トカゲ ペット



オニプレートトカゲはとても性格が大人しく、体も30~40cmほどなのでそんなに大きくもなく飼育難易度の低いトカゲです。慣れてくると懐くようになり、掌で寝てしまうこともあるようです。同じ爬虫類でもヘビですとあまりスキンシップが取れないので、こうゆう触れ合いができるのは嬉しいですね。

価格は5000円くらいで購入できますが、サイズや色によっては、これより高値で販売されているものもいます。寿命は10年くらいで長い付き合いになりますから、お気に入りの子を見つけて大切に育ててあげてください。

まとめ

トカゲと言っても陸地で生活するものもいれば木の上で生活するものもいます。とても個性豊かで、懐く種類のトカゲも多く存在しますよ。

価格が安い個体も意外と多いですが、どのように成長するか確かめてから購入、飼育をしてくださいね。飼いきれなくならないよう、よく考えて行動しましょう。

関連記事爬虫類のペットで初心者が飼いやすい種類について紹介

スポンサーリンク