サソリと聞いてまずなにを想像しますか?

いいイメージを持つ人は少ないでしょう。

しかし時にはサソリの特性を評価してモチーフにしたマークなどを愛用する方もいらっしゃいます。

よく思われていないのに崇拝するような時もある、そんなサソリとはいったいどんな生き物なのでしょう。

今回はダイオウサソリについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ダイオウサソリとは?

サソリと聞くと砂漠に生息していると思われる方も多くいらっしゃると思いますが、実はそうではありません。

このダイオウサソリはアフリカ大陸の中西部に生息し、砂漠で生息してはいません。
熱帯雨林に生息し夜行性です。
世界最大のサソリと言われています。

また毒性は弱く、腫れたり痒みを帯びたりする傾向はあっても、それが重度に悪化してしまう事例はでていないそうです。
そうはいっても毒は毒ですので、十分な配慮が必要になります。

野生のダイオウサソリは20センチほどの体長になりますが、ペットとして飼育されている場合はやや小柄で10センチから17センチほど、大人しい性質をしているそうです。

ダイオウサソリの飼育方法や必要なものは?

蓋がしっかりと閉められる飼育ケースが必要になります。

飼育ケースの大きさは、ダイオウサソリが成長した時の最大の大きさ以上あるのが理想です。

高さはあまり必要ではありませんが、床面積は体長以上の広さのものを選んでください。

熱帯雨林に生息しているサソリですので、水・室温管理用のヒーター・樹木の代わりになるものなどがあるとよいでしょう。

ダイオウサソリの飼育に適した室温は30度、これのほかに湿度も必要になります。
霧吹きなどで飼育ケースの中に水滴を吹きかけることで、湿度をあげることができます。

スポンサーリンク

ダイオウサソリの具体的な餌や平均寿命は?

ダイオウサソリ 飼育



寿命は10年ほどです。

しかし長寿のサソリ種も存在するようなので、飼育の仕方によっては10年以上生きる可能性もあります。

食事は昆虫をあげます。
ダイオウサソリは食べすぎるほど食べることをしない生き物です。
与え過ぎると残り、そこからダニなどが発生していくこともあるので、食べ残しと糞の掃除はできるだけこまめにしてあげてください。

生き物の餌用として売られている昆虫ならほとんど食べるようです。

ダイオウサソリの販売価格や販売場所は?

大きさなどで多少の誤差はありますが、概ね5000円から7000円くらいで取引されているようです。

購入方法はインターネット通販でも手にすることができます。
近くに昆虫などを扱うお店がない時は価格確認なども含め、使用してみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

ダイオウサソリを飼育する際の注意点は?

飲み水はいつも綺麗なものを与えましょう。可能な限り毎日、水は新鮮なものにしてあげてください。

もしなんらかの事情でダニなどが発生してしまった場合は、飼育ケースそのものを真新しいものにしましょう。
どうにかしてダニを退治と思っても、一度発生してしまったダニを完全に除去するのは困難だからです。

まとめ

ダイオウサソリ 飼育



サソリと聞くと獰猛で猛毒を持って、刺されたら命の危険に晒されるとても危険な生き物と思っていた人も少なくないと思います。

しかしこうやって調べてみると、サソリといっても種類によって性質は異なり、ダイオウサソリのような大きなサソリでも大人しく毒も弱く、個人で飼育できるのだとわかりました。

さらに、サソリといえば砂漠の生き物という先入観も違っていたようです。

とはいえ、やはりすべての人に愛される生き物というわけでもないので、お迎えにあたっては周りの理解も必要なのではないでしょうか。

同居人もさることながら、密集地での飼育にはもしかしたら管理人などの理解を求められることもあると思います。

周りの理解を得られてこその楽しい飼育ライフだと思いますので、お迎えは慎重に……
そしてお迎えできたら、大切かつ周りへの配慮もしながら愛情を注いでほしいと願います。

以上、ダイオウサソリの飼育方法などについてでした。

関連記事サソリの種類・生態について解説

スポンサーリンク