体の色がハッキリしているクラウンローチは、水槽へ入れると存在感があり華やかな雰囲気にしてくれる魚です。

このような特徴から、クラウンローチを飼育してみたいと思う方も多いでしょう。そこで、今回はクラウンローチの飼育などについてご紹介したいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

生態

クラウンローチは非常に派手な見た目からは想像しにくいですが、実はドジョウの仲間です。ドジョウといえば細長い紐状の体をしていますが、クラウンローチはそのようなところはなく、側偏したような体をしています。

鮮やかなオレンジ色と黒褐色が縞模様のように入っており、見た目がまるでピエロ(clown)のような派手な衣装を連想させるため、クラウンローチという名前になったと言われています。

性格は臆病であるため、単独で飼育すると水草の影などに隠れて出てこないことが多いのですが、同じ種類の魚を複数いれてあげると、安心するのか元気に泳ぎ回ってくれます。

スポンサーリンク

飼育方法や必要なものは?

クラウンローチを飼育するには60cm以上の水槽を使用するのがオススメです。30cmほどの水槽でも飼育はできますが、たくさん泳ぎ回ることができず、運動不足により寿命が短くなる傾向があるようです。

やはりドジョウの仲間ということもあり、水槽の底を主に泳ぎ、物陰に潜む傾向があります。そのため、水槽内には水草や隠れ家となるオブジェを複数用意してあげて下さい。

ただ、水草の設置についてはいくつかの注意点があります。

クラウンローチは「アナカリス」「アマゾンソード」といった水草は食べてしまいますし、砂を掘り返してダメにしてしまうこともあります。

「アヌビアス・ナナ」や「ミクロソリウム」「ウィローモス」「マツモ」などは、比較的食べないようなので、底砂に直接植えるのではなく、流木に植え付けられているものなどを使用して、掘り返し対策を行いましょう。

また、クラウンローチは水槽の底面で横になって寝たり、砂を掘り返すなどの習性があるため、荒い底砂ですと体を傷つけてしまう恐れがあります。そのため、底砂は粒が細かい大磯砂などを使用すると良いでしょう。

水温は25〜30℃くらいが適正とされているので、この間の温度を水槽用ヒーターやクーラーを使用して、一定に保つようにしてください。

もともと、東南アジアの暖かい気候で生息していたため、水温は高めを好みますが、低い温度は苦手なので冬場は特に気をつけて下さいね。

水質の維持のためにろ過装置は必須となりますが、それ以外にも水流を好む傾向があるので、上部フィルターや外部フィルターといったタイプのろ過装置を使用して、クラウンローチが過ごしやすい環境作ってあげましょう。

スポンサーリンク

具体的な餌や与える頻度は?

クラウンローチ 飼育



餌を与える頻度は1〜2日に1回程度食べ切れるだけの量を与えてあげて下さい。食べ残しは水質の悪化に繋がるため、なるべく作らないようにしたり、除去するなどして水槽内に長時間放置することのないようにしてください。

餌の種類は基本的に雑食であるため、なんでも食べますが人工飼料ですと長期保存ができますし、水質の悪化しにくいタイプのものが多く出回っておりますのでオススメです。

ただし、クラウンローチは水槽の底を主に泳ぐ魚ですので、水面で食べるフレークタイプではなくタブレットや顆粒タイプで沈殿するものを選ぶようにしましょう。

それ以外には動物性のものも好んで食べますので、アカムシやイトメなどを与えても良いでしょう。

販売価格や販売場所は?

アクアリウム専門店やインターネット通販で購入が可能です。どちらもそれぞれ利点はありますが、クラウンローチは模様に若干の個体差があるため、通販ではなく直接店舗で購入した方がたくさんの個体から選べるというメリットは大きいです。

また、価格は700円くらいですが、サイズの大きなものは2000円ほどが一般的なようです。価格が低いので、複数飼育を始めやすく嬉しいですね。

スポンサーリンク

飼育する際の注意点は?

クラウンローチはとても臆病な性格のため、同等から大型の他種の魚との混泳は攻撃されやすくなるため、控えた方が良いでしょう。また、小さな生き物は捕食されてしまう可能性が非常に高いので、やはり同じ水槽に入れるのは控えた方が無難です。

飼育は基本的に同種混泳の状況が望ましいでしょう。


クラウンローチの寝相がすごい

まとめ

クラウンローチ 飼育



水槽で魚を飼育する際に、ぽつんと1匹だけだとなんだか寂しいですよね。クラウンローチは複数匹を同時に飼育することが可能なので、賑やかな水槽を作ることができるでしょう。

もちろん、水槽の広さは考慮してあげて、めいいっぱい泳げる環境を作ってあげることも大切です。また臆病な性格なのでビックリさせるのも控えてあげて下さいね。

関連記事クラウンローチの寿命や病気について解説

スポンサーリンク