コリドラスはナマズの仲間で、水槽底面で汚れなどを食べてくれるため、お掃除役としても役立つ魚です。

お掃除役以外でも、種類が豊富で愛嬌のある顔をしているため、コリドラスの水槽を立ち上げる人もいます。

そんなコリドラスを飼育してみたいけど、種類が多くてどれにしたらいいか分からない、なんて方も多いのではないでしょうか。

数あるコリドラスの種類の中から厳選して、いくつかの種類をご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

生態

コリドラスは主に南米に生息しているナマズの仲間で、熱帯魚としては一般的な魚で大抵のお店では必ず取り扱いがあるほどです。熱帯魚が好きな方からは認知度が高いですが、それ以外からは、聞きなれないという方が多いですね。

水槽の底面付近を主に泳ぎ、底に落ちている食べ残しなどを食べてくれるため、お掃除役として混泳させることも多いです。

ちなみコリドラスが食べているのは、食べ残しなどであって、コケはたべません。コリドラスを飼育するとコケの繁殖を抑えることができますが、それは食べ残しなどから栄養が植物に余分に行き渡らなくなり、コケが繁殖しにくい環境となるからです。

また、コリドラスの中には毒を持つ種類もおり、刺されるとヒリヒリと痛んだろ腫れたりするため、こういった種類のコリドラスの飼育は十分注意してください。

毒を分泌するのは攻撃や防御という場合もありますが、ストレスからも出ることがあり、水中に毒が撒かれてしまうと水は白く濁り、水槽の中の生き物が全滅してしまう恐れがあるため、その際は速やかに水槽の水を交換するなどの処置をしてあげましょう。

どのくらいの種類がいるの?

コリドラスは全ての魚の中で最も種類の多い魚と言われており、その数は約200種類だそうです。もちろん、鑑賞飼育用としても非常にたくさんのコリドラスが流通しており、さまざまな色や形のコリドラスを楽しむことが可能です。

「コリドラス」はギリシャ語で「ヘルメットのような皮膚」という意味を持ち、その名の通り頭が鎧のように大きな種類が多く存在しています。

ですが、中には全く違う形の種類もいるため、コレクション性も高くコリドラスの愛好家も多くいるようです。

スポンサーリンク

コリドラスの種類

コリドラス・パンダ

コリドラス 種類



パンダと名前にあるように、コリドラス・パンダには目の周りに黒いアイバンドを持ち、まるでパンダのような模様に見える、可愛らしいコリドラスで特に人気が高いです。

幼魚のときなどは特に水質に敏感なところがあるので、飼育には注意が必要です。ですが慣れてしまえば、丈夫で2〜3年くらい飼育し成熟すれば、繁殖することも十分可能です。

寿命は3〜5年で、価格は6匹で1000円くらいです。安価で購入することができるので、ある程度まとめて買って混泳を楽しんでみてください。

コリドラス・ステルバイ

コリドラス 種類



コリドラス・ステルバイは昔から、コリドラスの種類の中では人気のある種類で、体の色は全体的に黒っぽい印象ですが、胸ビレがオレンジ色となっている所がオシャレです。

飼育も比較的容易で、水質に関してはそこまで神経質にならなくても大丈夫ですので、初心者の方にもオススメです。

寿命は3〜5年で、価格は6匹で1000円くらいなのでコリドラス・パンダと同じですが、水質に耐性があるコリドラス・ステルバイは、初心者でも死なせることなく寿命を全うさせてあげられるでしょう。

コリドラス・ゴッセイ

コリドラス 種類



コリドラス・ゴッセイは冒頭で少し触れた、毒を持つコリドラスです。飼育の際は直接触れるのは避けて、手袋などをして触れて下さい。

体は主に紺色をしていますが、胸ビレや背ビレは黄色っぽく、その他にも頭部にスポット模様があったりと見た目も特徴的ですし、飼育も比較的簡単です。もちろん繁殖も可能ですので、鑑賞以外にも、色々楽しめるでしょう。

寿命は3〜5年くらいで、価格は1匹で1700円くらいとなっています。若干高めではありますが、メインの魚として水槽に入れても存在感があるため、飼育しがいがある魚です。ただ、毒には十分注意してくださいね。

スポンサーリンク

コリドラス・ピグミー

コリドラス 種類



3cmほどの小さなコリドラスであるコリドラス・ピグミーは、一般的な底面でお掃除役をしてくれる種類と違い、群れで泳ぎ回るため非常に遊泳性が高い魚です。個体そのものはそれほど派手ではありませんが、サイズが小さいためとても可愛らしいです。

群れで泳ぐ習性があるため、5匹以上水槽に入れてあげると鑑賞性の高い水槽に仕上がりますのでオススメです。

寿命は数ヶ月〜2年くらいと、バラツキがありますが、いづれにしてもとても短命となっているので、長期的に楽しむのであれば定期的に補充することになります。ただ、価格は10匹で2000円程度とですので、続けて飼育は可能でしょう。

コリドラス・ハステータス

コリドラス 種類



コリドラス・ハステータスは人気の高く流通量が非常に少ない種類で、入手しづらい状況が続いています。3cmほどの小さな体には、尾ビレ付近に黒いスポット模様がありワンポイントとなっています。

コリドラス・ピグミーと同じように、やはり群泳する魚ですので、複数匹を同時に飼育するのがオススメです。水槽内を元気に泳ぎ回ってくれるので、楽しく鑑賞できますよ。

寿命は1〜2年くらいで、価格は8匹で5000円くらいとなっており、短命でしかも非常に高価です。高価なので、複数のお店で価格を比べて購入したい所ですが、流通量が少ないため見つけたらすぐに購入しないと売り切れてしまうかも知れませんよ。

まとめ

コリドラスの種類はまだまだたくさんおり、本当に奥が深いです。見た目で選んでも良いですし、飼育のしやすさから選ぶのも良いですね。

比較的飼育が簡単なコリドラスでも、水槽の水換えやお掃除は必須となるので、全く手間がかからないという意味ではないので注意して下さいね。

コリドラスの寿命は割と長い種類が多いので、最後までしっかりとお世話してあげましょう。

関連記事コリドラスの繁殖・混泳について解説

スポンサーリンク