ドワーフグラミーという熱帯魚は比較的小さく可愛らしいだけでなく、体の発色も非常に鮮やかなため、観賞用ペットとしてとても人気がある熱帯魚です。

ですが、このドワーフグラミーは種類が豊富なので、実際に購入しようといざ選んでみると悩んでしまう人も中にはいるようです。

この悩んでいる間も楽しいとは思いますが、少しでも購入のお手伝いとなるよう、いくつかオススメのドワーフグラミーを紹介いたしますので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

どんな魚?

ドワーフグラミーはスズキの仲間の淡水魚でインドやバングラディシュ、パキスタンなどに生息しています。流れの緩やかな小川や湖などに生息しており、水草が生い茂っている場所を好む傾向があります。

観賞用ペットとしての歴史は古く、昔から見た目が美しいと愛されてきたその姿は、特にオスは体の模様などの青色や赤色などが強く発色しており、非常に鮮やかな印象を受けます。その一方、メスはそれほど鮮やかではなく、色はグレー一色のような個体がほとんどです。

どのくらいの種類がいるの?

ドワーフグラミーは変種がいたり、品種自体も多いので合わせるとたくさんの種類がペットショップなどで販売されています。

その中でも一般的に多く飼育されているのがゴールデンドワーフグラミーやサンセットドワーフグラミーなどで、これらはドワーフグラミーの中でも比較的飼育しやすく、人気も高いです。

それ以外にもブルーやオレンジ、レッドなどの鮮やかな見た目の種類が多く、購入時にどれにしようか迷うかも知れませんね。

以下に主な種類を紹介します。

ネオンドワーフグラミー

ドワーフグラミー 種類



ネオンドワーフグラミーは、6cmほどまで成長する品種改良された魚です。全身がブルーのメタリックカラーで覆われておりとても鮮やかな見た目となっています。

原種の体にあらわれている赤い模様もあり、その色のコントラストも美しく人気のあるドワーフのグラミーです。

性格は比較的温厚ですので、飼育しやすい点も人気がある理由のひとつとなっています。

価格は1匹600円くらいで購入できますが、ペアでの販売が多く、実際に支払う金額はこの倍になってしまう場合もあります。寿命は2〜3年と割と短いですので、飼育のサイクルは早めになってしまいますが、逆にどのような魚なのか知りたい場合に飼育してみようと飼い始めることも可能でしょう。

スポンサーリンク

サンセットドワーフグラミー

ドワーフグラミー 種類



サンセットドワーフグラミーも品種改良されたもので、体長は5cmくらいまで成長します。名前の通り体の色はオレンジ色を基調としており、全体的に鮮やかな印象を受けます。

ヒレには少しブルーも残っているため、原種の名残を思わせたり、オレンジとの色の対比を楽しむこともできます。

価格はペアで800円くらいなので、比較的安価で購入が可能です。寿命は3〜4年くらいとされていますが、飼育環境によってはこれ以下にも、以上にもなるため、水質などを一定に保つなどして長生きさせてあげましょう。

コバルトドワーフグラミー

ドワーフグラミー 種類



コバルトドワーフグラミーも品種改良された魚で、体長は6cmくらいまで成長します。とにかく目を惹く全身ブルーのメタリックカラーが特徴的で、人気も非常に高いです。性格は割と温厚ですので、多種混泳や同種混泳も可能となっています。

価格は1匹で1000円くらいなので、他のドワーフグラミーと比べると割高となっています。繁殖を狙うことも可能なのですが、まとまった数を購入すると結構な額となってしまいます。

寿命は2〜3年と割と短いので、なるべく長生きしてもらいたいですね。寿命を全うさせてあげるためにも水質管理を徹底してあげて、水槽内を快適な空間にしてあげましょう。

ゴールデンハニードワーフグラミー

ドワーフグラミー 種類



ゴールデンハニードワーフグラミーは鮮やかなイエローが美しい品種改良された魚です。体長は4cmほどとなっており、他のドワーフグラミーと比べると非常に小さく可愛らしい印象も受けます。

繁殖期のオスは攻撃的になりますが、それ以外では比較的温厚ですので、飼育しやすく、混泳も可能となっています。

価格は1匹400円ほどで購入できますが、お店によっては複数匹セット販売のみの場合もありますので、色々見て回ると良いでしょう。

寿命は2〜3年ほどとなっており、短めとなっていますので、気軽に飼育を始められますが、続けて飼育したい場合は、個体を追加したり、繁殖させて楽しみましょう。

スポンサーリンク

ドワーフグラミー

ドワーフグラミー 種類



上述した種類の原種であるドワーフグラミーは、品種改良の魚に比べて引けを取らない美しさを持っています。体長は6cmほどで、ブルーの横縞が多数入っているため、赤みがかった地色とのコントラストがとてもキレイです。

見た目が美しい魚は高価になりがちですが、盛んに繁殖が行われていることもあり安価で入手できるのも魅力の1つとなっています。

価格は1匹300円ほどですが、ペアでの販売が多く実際は600円くらいで購入することになりますが、それでも1000円未満ですので、かなりお得だと思われます。

寿命は2〜3年ほどですので、やはり短命の傾向がありますので、お世話をしっかりと行なって少しでも長生きさせてあげましょう。

まとめ

ドワーフグラミーというくらいですから、ドワーフのように小さな魚が多いのが特徴的です。今回ご紹介した魚の種類から、さらに色別に分かれていたりと、本当に種類はたくさんいます。

作りたい水槽のイメージに合わせたり、混泳できる魚と組み合わせるなどしてドワーフグラミーの飼育を楽しんでくださいね。

関連記事
ドワーフグラミーの販売価格や飼育方法について解説

スポンサーリンク