今回はケヅメリクガメについてまとめていきます。

カメに関して詳しい人ならどんなカメなのか安易に想像できることでしょう。

しかし今からカメのことを知ろうとする人にとっては全く想像もできないカメの種類のはずです。

リクガメは大きいというイメージがありますが、このケヅメリクガメの大きさはどれくらいでしょうか。

個人で飼育が可能なのでしょうか。

少しでもお役に立てるよう、今からまとめていきますね。

ちなみに、ケヅメリクガメは砂漠やサバンナ地帯に生息し、甲羅は最大80センチ以上になる固体もいるそうです。

スポンサーリンク

飼育環境や飼育方法は?

ケヅメリクガメの成長はとても早いそうです。

幼体から飼育も可能ですが、生まれたてのケヅメリクガメはとても小さいので、ある程度成長したものをお迎えした方がよいそうです。

幼体であっても瞬く間に大きくなってしまうケヅメリクガメですので、あらかじめ90センチほどある水槽を用意しましょう。

その後はケヅメリクガメの成長とともに飼育する入れ物を変えていきます。

ケヅメリクガメ専用の部屋を用意できる環境であればそれを、もしくは1室ほどの水槽、野外で飼育なら小屋や温室などが適しています。

先にも申しましたが、甲羅が大きく、個体によっては80センチを超えてしまうので、狭い水槽で飼育をするのは難しいです。

さすがリクガメとつくだけのことはありますね!

しかしペットのためにひと部屋……となると、個人での飼育は難しいかもしれませんね。

もしくは、相当の覚悟と根気が必要になるかもしれません。

ほかには、日中と夜の温度差をつけることで、本来の生息地に似た環境をつくることができるようです。

夜は20度前後、日中は22から30度くらいが適温です。

また乾燥していたほうが好むようなので、湿度は50%前後くらになるよう心がけましょう。


ケヅメリクガメの飼育の様子

具体的な餌や与える頻度は?

果物や草の芽などを食べるようです。

ケヅメリクガメはとてもよく食べるので高カロリーのものばかりでは栄養が偏ってしまいます。

幼体の頃はある程度高カロリーでも成長期なので大丈夫ですが、ある程度大きくなったら低カロリーなものを与えましょう。

野草やウチワサボテンなどが低カロリーで適した餌になります。

タンパク質を多く含む豆類は、与え過ぎると甲羅がゆがんだりしてしまうので、控える方がよいでしょう。

与える頻度ですが、幼体の時は1日に1から2回、ある程度大きくなったら1から2日に1回で大丈夫です。

スポンサーリンク

販売価格や販売場所は?

ケヅメリクガメ 飼育



数センチほどの幼体を2から3万くらいの価格から販売しているようです。

爬虫類を扱っているペットショップや通販などからお迎えすることができますが、あまり小さいと郵送中に衰弱してしまうこともありますので、十分理解することが必要になりそうですね。

平均寿命や病気になった時の対策は?

平均寿命は30年と言われています。

しかし、丁寧に飼育すれば100年くらい生きる固体もいるそうです。

カメの病気はなかなか気づき難いもののようです。

そのため、気づいた時には手遅れだった…ということもあるでしょう。

日ごろからよく観察していることが大切ということですね。

少しでも異常を感じたら独断で治療せず、適切な指示を仰ぎましょう。

爬虫類を見てくれる獣医をあらかじめ把握しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

里親になるためにはどうしたらよい?

ケヅメリクガメはとても大きく育つリクガメのため、途中で飼育が困難になった人が里親を募っていることが多々あります。

里親募集は動物病院やネットの検索などで見つけることができます。

飼育時の注意点は?

最初は数センチの幼体ですが、最終的には80センチ超えの甲羅を持つ大型カメにまで成長するケヅメリクガメです。

どんなに飼育はじめは小さくても想像以上に大きくなるため、その時に飼育できるだけの場所の確保は最低限の注意点ではないでしょうか。

餌を食べなくなった時は、野草や果物の種類を変えてみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ケヅメリクガメ 飼育



リクガメは飼育しやすいというご意見をよく目にしますが、大きさのことを考えると簡単に飼育すべきものではないと感じました。

また個体差にもよりますが100年生きるかもしれないとなると、自分がいなくなった時のことも考えなくてはなりませんよね。

飼育中は楽しいですが、残されるカメのことも考えながらの飼育、飼うと決めたら最後まで責任と愛情を注いでいただきたいと感じました。

以上、ケヅメリクガメの飼育方法などに関してでした。

関連記事
アカアシリクガメの販売価格や飼育方法、繁殖について解説
エロンガータリクガメの飼育方法や水温、餌について解説
ギリシャリクガメの販売価格・寿命・飼育方法について解説

スポンサーリンク