フェレット?

と聞くと、かわいい白っぽい毛並みの細い体でチョコチョコしている愛らしい姿を目に浮かびますね。


フェレットは、日本ではペットとしてかわいがられています。

イタチ科で、もともとはヨーロッパに生息していました。現在は、狩猟、実験、毛皮、ペットなどの目的で飼育されています。


成体は、35センチから50センチ、視力は良くありませんが、においには非常に敏感です。

ちょっと臭いのが、問題ですが、動物です。多少の臭いは、仕方ありません。餌の残りや糞尿の掃除をしっかりして、臭い対策をしましょう。


今は、さまざまな改良品種が多く、ペットとしての幅も広がってきています。

かわいらしい姿とはイメージが違いますが、よく噛み付いてきます。好奇心旺盛で活発でやんちゃな性格が特徴です。


もちろん、個人差はありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

フェレットの種類

先にお話しましたが、フェレットにはさまざまな種類があります。

いろいろなかけ合せで改良品種が増えています。

では、どんなフェレットがいるのか、見ていきましょう。


まずは、マーシャルフェレットです。

日本でフェレットといえば、マーシャルフェレット、というくらい一般的なフェレットです。細長い胴体で鼻に向かって細長くなります。温厚でおとなしく、体が小さいので、初めて飼う方には飼いやすいフェレットです。


パスバレーフェレットは、マーシャルフェレットより若干大きく、毛並みも白かったりグレーだったり、毛並みもさまざまです。

顔がコロンと丸くてつぶらな目がかわいいフェレットです。人気がある種類で、好奇心があり、元気なイメージのフェレットです。


カナディアンフェレットは、骨太で体格がしっかりして、フェレットのわりに、体重もずっしりした1kg前後のものが多いです。神癖の傾向が強いので飼うときは気をつけてください。

ほかにも、デンマーク生まれのアンゴラフェレットやフェレットの原産に近いニュージーランドフェレットもいます。


ぜひ、どんなフェレットか、ネットで見てみてください。見ているだけでかわいらしさのとりこになります。

スポンサーリンク

フェレットは夜行性?

フェレット カワウソ 違い 爪とぎ 知能 



では、フェレットは夜行性でしょうか?

基本、夜行性の動物ですが、生活リズムを管理することで昼行性にもなります。


しかも1日寝ている時間が多いので、夜行性だからといってうるさいほど動くこと少ないです。

ただ、無理に変えるのはおすすめしません。


環境に慣れたのを見て、徐々に変えていきましょう。


なつくフェレット♪

フェレットとカワウソの違い

フェレット カワウソ 違い 爪とぎ 知能 
カワウソ↑



ちなみにフェレットって、その姿、形、遠くから見たらカワウソに似ていませんか?

ちょっと難しいお話ですが、フェレットもカワウソも同じイタチ科の生き物です。


しかし、カワウソは泳ぐのが得意で、魚や貝をとって食べます。

フェレットは、泳ぐことはしませんし、ネズミなど食べますし、雑種です。


ただ、カワウソのようにフェレットは水に入りませんが、泳げないわけではありません。

野生とペットとしての違いもあります。イタチ科ですが、ちょっと違うフェレットとカワウソです。

スポンサーリンク

飼育時に爪とぎは必要?

フェレットの爪とぎは、大事です。

自然環境の中では、フェレットは自分で爪とぎしますが、家で飼う場合、自分で爪とぎはしません。猫のように爪とぎされたら壁に傷が付いて大変です。


そんなことが起こらないように爪とぎは毎週、こまめにしてあげることが大事です。

爪が伸ばしっぱなしでは、怪我の原因となりますし、ストレスになります。


爪とぎ同様、耳掃除も週に何曜日にすると決めて、ケアしてあげましょう。

私たちも爪が伸び過ぎているとイライラしますよね?

フェレットも一緒です。

スポンサーリンク

フェレットは知能が高い?

フェレット カワウソ 違い 爪とぎ 知能 



では、フェレットの知能はどのくらい優れているのでしょうか?

フェレットの歴史は、長く紀元前3000年には存在したといわれています。


家畜として飼われており、のちにヨーロッパやアメリカにわたり、ネズミ退治をしていました。

ヨーロッパでは、猟犬のかわりに狩りのお供もしていたほどです。犬の知能は、その忠誠心と獲物を追う知能の高さは有名です。

この犬の代わりができるフェレットは、かなり知能が高いといえます。


フェレットがペットで人気があるのは、その愛らしい姿や人懐っこさもですが、知能の高さも飼いやすく、環境の順応能力の硬さがあるのかもしれません。

まとめ

フェレット カワウソ 違い 爪とぎ 知能 



フェレットは、ペットとして飼っている方も多く、公園で見かけることもあります。

かわいいし、なついてくれたら最高にうれしいですね。抱っこしたときのモコモコは、なんともいえない愛情を感じます。

しかし、フェレットの歴史の長さにはびっくりですね。それだけ、私たちの中での関わりが長い動物です。

癒し系のフェレット、これからも私たちの生活の中で愛らしく、仲良く過ごしたいですね。

よかったらこちらの記事もどうぞ♪
見ているだけで癒される!最高にかわいいペット10選

スポンサーリンク