コバンザメと聞くと、あまりいいイメージではないですよね。

権力のある人にすり寄ってそのおこぼれをもらうみたいなイメージが……しかし今回のコバンザメはそちらの方ではなく、生き物の方のコバンザメです。

人間社会でいうコバンザメはあまりいい意味に使われませんが、海中に生きる本家本元のコバンザメはどういう生態をしているのでしょう。

名前の由来、飼育が可能なのか、もしできるならどれくらいで手に入れられるのかなどをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

コバンザメの生態

20~50メートルの深海に生息し、大型の海洋生物や船などに付着して生活をしています。

ただし、サンゴ礁の沿岸では単独で生活していることも多いようです。

体長は最大で110センチ、平均は70センチです。

頭部の背面に小型の吸盤があり、それでサメやカジキ、クジラなどに吸いつきます。

彼らの残した食事のおこぼれや寄生虫、排泄物を食べて生きていきます。

なるほど、だから人間社会でも力ある人にくっついておこぼれをもらう人のことをコバンザメというのですね!

コバンザメの名前の由来は?

コバンザメ 吸盤 仕組み 食用 飼育 販売 由来



コバンザメはスズキの仲間なのに、なぜ名前にサメがつくのでしょう。

はじめに、名前のコバンについてですが、漢字で書くと「小判」となります。

頭の背面にある吸盤が小判に似ていることから名前につけられました。

ではサメではないのにサメが名前についているのは?

これについては謎に包まれています・・・

スポンサーリンク

コバンザメの吸盤はどうなっている?

ざっくりといえば、一般的に使われる吸盤と同じと思っていただいて大丈夫です。

隔壁というヒダヒダは可動式になっていて、普段は後ろに倒れています。

何かに張り付いたときに、このヒダヒダが垂直に立ち周りの海水の水圧でヒダヒダの間の水圧を下げることでくっつくことができます。

コバンザメは食用になる?

コバンザメ 吸盤 仕組み 食用 飼育 販売 由来



実は、とても美味しいらしいのです!

しかし、釣るのも網にひっかかる率も低く、食用として流通させるのはかなり難しいらしいのです。

なので、知る人ぞ知るといったところでしょうか。

白身魚で絶品とのことです。

その理由はサメではなくスズキの仲間であるからだと言われています。

臭みもなくとても上品な味をしているらしく、刺身で食べても汁物に入れても絶品なのだとか!

そこまで言われたらぜひ食してみたいと思いますよね。

偶然網に引っかかる以外、手に入れるのは難しいようです。

そのため市場に出回るのを待つよりは、市場に出向く、顔見知りの漁師に話をしておくなどの根回しが必要かもしれません。

スポンサーリンク

コバンザメは飼育できる?

飼育、できるようです。

海水魚の大型種の飼育方法で大丈夫そうなのですが、大きく育ってしまうので初心者には難しいかもしれません。

いきなり大型種ではなく小型や中型から経験をした方がよいかもしれません。

コバンザメの幼魚はペットショップで売られていますので入手しやすいです。

コバンザメの平均全長は70センチですが、稀に110センチほどに育つ個体もいるので100~180センチほどの水槽が必要になります。

混泳させる場合は、180センチに近いサイズを検討しましょう。

ろ過装置と蓋も必需品です。

そのほか、人工海水の元、照明器具、ヒーターに水温系なども必要になります。

飼育環境は、水温を25度、水質は中性、魚の切り身などを1日に2回ほど与えます。


美味しそうに食べます♪



オキアミもバクバク食べます!!



水換えは1週間に1回を目途に行うなど、初期投資がかなりかさみますし、慣れるまでもなかなか大変そうですね。

スポンサーリンク

コバンザメの販売価格

コバンザメ 吸盤 仕組み 食用 飼育 販売 由来



幼魚がペットショップで売られています。

アクア系を扱っていないペットショップでは売られていないと思いますので、心配でしたらアクア系専門のペットショップで手に入れましょう。

価格はだいたい5000円~となっているようです。

幼魚の大きさによって価格が変動するようです。

まとめ

コバンザメ、飼育できるのですね!

幼魚なら売られているのに、なぜか捕獲は難しい……養殖とかは無理なのでしょうか。

いい意味でつかわれないコバンザメですが、生き物のコバンザメは奥深いものがあります。

ぜひ一度食してみたいものです!

コバンザメの飼育ですが、張り付く生き物がいないと水槽の壁を叩いたりしてストレスがたまることもあるようです。

そういうのを知ると、自然界にいるのがいいのかな……と思ってしまいます。


よかったらこちらの記事もどうぞ♪
見ているだけで癒される!最高にかわいいペット10選

スポンサーリンク