ウミウシはどんな生き物?

鮮やかな体の色が目を引くウミウシは、ダイビングなどで一目見たいと観察に行く人も多く、とても人気のある海洋生物です。

わざわざ深い海に潜らなくても、実は磯などにも生息する種類もいますので、結構身近な生き物なのです。

そんなウミウシは水槽での飼育も可能なのか、調べてみたのでご紹介いたします。


ウミウシは巻貝の仲間で、貝殻が退化して消滅したために、現在のナメクジのような形になりました。

角のような触角が2本あり、その姿から牛の角を連想させるので「海牛」と呼ばれるようになったそうです。

ウミウシはたくさんの種類がおり、世界では3000種以上、日本近海でも500種ほど生息し、浅い海底や岩場など、多くの場所で観察できます。

ウミウシは殻が無いため外敵からの攻撃に非常に弱く、さらに動きも遅いため逃げるのも得意ではありません。

そんなウミウシの身を守る方法は、物陰に隠れたり、擬態するといった方法の他にも驚くようなやり方で身を守っています。

毒素のある成分のものを食べ、自らも毒のある生物となってみたり、骨片や刺胞を取り込んで体を尖らせる、なんてこともします。

身を守る以外にも、藻類を食べて葉緑体を取り込み、光合成で栄養が賄えるようにしてしまう個体もおり、ウミウシのこのような適応能力にはビックリですよね!

中には元々毒を持つウミウシもおり、そういった種類は大抵色鮮やかな個体であることが多いです。

体の大きさは平均5cmほどですが、数mmのものから30cmほどのものまで、色々な大きさのウミウシがいます。

ウミウシは雌雄同体であり、同じ種が2匹揃うだけで繁殖できる特徴もあります

スポンサーリンク

ウミウシの飼育方法や必要なものは?

ウミウシ 飼育



ウミウシはキレイな海に生息している生き物なので、飼育下でも、同じようにキレイな海を再現しなくてはなりません。

最も良い方法は海の水を水槽に入れてあげることですが、難しい場合が多いのが現状ですよね。そういった場合は、人工的に海水と同じ塩分濃度の水を作って水槽に入れてあげましょう。

濃度の割合は、水1リットルあたり塩は30〜35gぐらいです。塩分濃度が高いとウミウシが塩分で溶けてしまいますので、十分に注意してください。

水質の維持のために、ろ過フィルターを必ず設置して、さらに水槽の水は定期的に交換、掃除を行い常に水がキレイな状態を保って下さい。

その他にも、水温を一定に保つために水槽用のクーラーや、ヒーターも必要です。徹底的に管理してくださいね。

ウミウシは種類によって食べるものが変わりますし、その上非常に偏食で、決まったものしか食べません。

ウミウシの餌というような人工飼料はありませんので、自分で採取するか、餌を飼育するかの二択となります。

磯などで見つかりやすい、割とポピュラーなアオウミウシはカイメンを食べますが、このカイメンもいくつか種類があり、どの種類を食べるかは特定が非常に難しいです。

その他には、コケムシやイソギンチャク、藻類などを食べるウミウシもいます。

飼育環境もシビアですが、食べる餌も特定されているので、飼育がいかに難しいかが伺えますね。

スポンサーリンク

ウミウシの生息地や採取方法は?

ウミウシは色も派手なものが多いので、南などの暖かい海にしかいないイメージですが、種類によっては日本各地で見つけることが可能です。

また、嵐の後などには外洋性のウミウシが波に乗って流されてしまうこともあるので、日本ではあまり見られないウミウシを見つけられるかもしれません。

岩の多い磯などに生息しているので、潮が引いている時に探すと割と簡単に見つけられるでしょう。

ウミウシは泳ぎは得意ではありませんから、素手で捕まえることも可能です。

ウミウシの購入先や販売価格は?

海水魚を扱っているペットショップや、インターネット通販などでウミウシを購入することは可能です。

大きさや種類により価格は変動しますが、平均的な価格は1000~2000円くらいで購入できます。軽い気持ちで購入してしまいそうな安さです。

店頭販売ですと、店員さんに飼育についてアドバイスを聞くこともできるので、なるべくなら直接足を運んで購入した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ウミウシを飼育する際の注意点は?

ウミウシ 飼育



とにかく飼育が難しく、死なせてしまう可能性が高いです。飼育の難易度が高いからこそ、何とか長生きさせようと試行錯誤することを楽しめる方でないと飼育は難しいでしょう。

確かにキレイですし、かわいいので手元に置いておきたいという気持ちが起きるのは分かりますが、死ぬのを分かっていて水槽に入れるのはなんだか酷だと思いませんか?

ウミウシの飼育を始める際は、良く考えてからにしましょう。

※お店でウミウシを販売している所もあるようですが、


ウミウシの飼育の様子

まとめ

水族館でさえもウミウシを飼育することは困難なので、アクアリウム初心者の方が飼育に挑戦するのは避けた方が良いです。

日本の海でもウミウシを見ることはできるので、できれば自然にいるものを観察するだけにとどめた方が良いかもしれませんね。

関連記事ナマコの飼育方法・餌・寿命について解説

スポンサーリンク