テトラはどんな生き物?

テトラと言っても、たくさんの種類があり微妙に飼育方法も違います。

若干の差はありますが、どのテトラも飼育が容易なものが多いので初心者でも育てやすいのがテトラの魅力です。

今回はテトラの飼育方法として、とってもメジャーなネオンテトラとカージナルテトラを中心にご紹介したいと思います。


テトラという魚はカラシン目という種類に分類されるので、魚の説明ではカラシンと呼称されることもあります。

カージナルテトラとネオンテトラは、どちらも臆病な性格なので、音を立てるなどして驚かせると水草になどに隠れてしまいます。

一匹でいるとストレスを感じやすく、群れに中にいるのを好む熱帯魚です。

カージナルテトラやネオンテトラを1匹だけで飼育することは無いと思いますが、群泳させた方が水槽の見栄えも良いので、飼育を始めるときは、ある程度まとまった数を購入した方が良いでしょう。

群泳はどちらの魚もしますがカージナルテトラの方が群れを作りやすいです。ネオンテトラも群れを作って泳ぐのですが、慣れてくるとバラけて泳ぐことが多くなります。

また、大きさはほとんど同じくらいですが、若干カージナルテトラの方がスマートで細長く、ネオンテトラは短めでずんぐりした体をしており、体の長さは、ネオンテトラの方が1cmほど短いです。

スポンサーリンク

テトラの飼育方法や必要なものは?

まずは水槽ですが、60cm水槽が一番良いでしょう。ですが、販売されている水槽を見るとオシャレなものも多く、小さくかわいいものも販売されています。

初心者の方などは、やはり小さい方が手軽で良いと思われがちですが、水槽はある程度水量があったほうが水質も安定するので、魚を長生きさせることができます。

せっかく飼育をするのですから、なるべく長生きさせてあげるためにも、小さい水槽での熱帯魚の飼育は、慣れてからの方が良いでしょう。

カージナルテトラ、ネオンテトラともに24~28℃で飼育が好ましいです。ネオンテトラは20℃でも飼育が可能ですが、どちらの場合でも大体25℃くらいを保つようにしてあげましょう。

そのためには水槽用のヒーターやクーラーが必要となります。

特に夏場や、冬場は温度差が激しくなりますので、必ず設置しましょう。中には自動で温度を調節してくれる、オートヒーターなどもあるので、そういった装置を利用するのもオススメですよ。

水質の維持も魚の寿命を左右しますので、良い状態を保つ必要があります。

ろ過フィルターは、水質を維持するために必ず設置してください。水槽内に水草などがレイアウトされている場合は外部式フィルターの方が邪魔にならず、便利です。

初めてで、何を選んだらいいか分からない場合は飼育セットなども販売されているのでそういったものを購入することも可能です。

また、店舗で購入するのでしたら、店員さんに色々アドバイスをもらうのも良いでしょう。

スポンサーリンク

テトラの具体的な餌は?

テトラ 飼育



人工飼料もよく食べるので、専用に売っている餌を購入すれば問題ないです。

ただ、くちが小さいのでフレーク状になっているものの方が良いでしょう。それ以外に生餌も食べますが、食べ残しから水質の悪化に繋がりやすいです。

フレーク状の人工飼料などは、水質を悪化しずらい成分のものが多くとても便利です。なので、初心者に場合はこういった餌で飼育してみてください。

1日1~2回を目安に与えてください。ちなみに健康な状態であれば1週間くらい食べなくても死なないそうです。


テトラ飼育セット設置手順

テトラの寿命や販売価格は?

カージナルテトラは1匹あたり100〜200円ほどで購入でき、ネオンテトラは1匹あたり100円くらいです。

ネオンテトラの場合は100円しない価格で購入できるものもいるので、カージナルテトラよりも安価となっています。

寿命はカージナルテトラが3〜5年くらい、ネオンテトラが約2年くらいとなっています。

寿命に関しては、そんなに違いは無いので、どちらにするか悩んでいるなら、見た目や価格で選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

テトラを飼育する際の注意点は?

基本的に、同じサイズくらいの魚でしたら混泳は問題ないです。

ですが、大きさ違う魚を同じ水槽に入れてしまうと、カージナルテトラやネオンテトラは食べられてしまう可能性が高くなりますので、控えた方が良いでしょう。

まとめ

テトラ 飼育



今回ご紹介した、カージナルテトラとネオンテトラですが、群れで泳ぐ姿が美しい魚なので、大きな水槽で群れの様子が観察できるとより飼育が面白く感じられるでしょう。

また、飼育の際の水質をアマゾン川の水質と似せて、弱酸性の軟水にすると体の発色が良くなるそうです。飼育に余裕が出てきたら試してみてはいかがでしょうか。

関連記事テトラの種類・生態について解説

スポンサーリンク