リスはペットで飼える?

リスは小動物のペットの中でも人気のある動物です。リスはまだまだ、珍しい動物ではありますがペットとして飼育できるものはいくつか存在します。

今回はペットとして飼育できるリスのオススメをご紹介したいと思います。


リスの中には飼育できない日本固有のエゾリスなどもいますが、飼育できるリスも複数存在します。飼育が禁止されているリスを捕まえて飼育するのは絶対にやめてくださいね。

体は小さいですが、広いケージが必要な種類のリスもいますのでコンパクトに飼育できるものばかりではありませんし、お世話は少しクセがあり手間がかかる部分もありますので、楽ではありません。

ですが、リスの魅力は何と言っても両手で餌を持って食べる仕草ですよね。それを目の前で見ることができるのは飼育していればこそです。

お世話が大変だからこそ、ちょっとした仕草がより可愛らしく感じ、癒されるのがリスの魅力だと思いますよ。

スポンサーリンク

ペットで飼えるリスの種類① シマリス

リス 種類



シマリスは体の縞模様が特徴的で、大きさも12~15cmほどで小さいです。とてもすばしっこく、運動するのが大好きなリスです。

また、個体によって性格の違いが大きく、内気な子がいれば好奇心旺盛でいたずら好きな子もいます。こ

シマリスの平均的な価格は5000~10000円くらいです。ハムスターなどと比べてしまうと高く感じてしまうかもしれませんが、繁殖している数や流通量が全く違うので、どうしても高値になってしまうのでしょう。

ペットで飼えるリスの種類② ホワイトシマリス

リス 種類



シマリスの毛皮が白いものがホワイトシマリスと呼ばれています。一見するとアルビノシマリスという白いリスにも似ていますが、ホワイトシマリスの目は黒く、アルビノは赤いといのが決定的な違いです。

ホワイトシマリスは、生態はほぼシマリスと同じですが、流通量がより少なく希少性が高いので、販売価格は高めです。

だいたい4~6万円くらいが販売価格となっています。大人のリスだと、若干値段が安く設定されている場合もあるようです。購入を考えている方は、色んなお店を調べてみた方が良いですね。

スポンサーリンク

ペットで飼えるリスの種類③ アメリカアカリス

リス 種類



アメリカアカリスは18~25cmほどで、若干大きめですが、ふわふわした体がとても可愛い、北アメリカ原産のリスです。

野生が強いことから警戒心も高く、スキンシップは取りずらいため、観賞がメインとなるでしょう。

アメリカアカリスは流通量も少なく珍しい動物です。そのため値段は10~15万円ほどで販売されているようです。なかなか、ペットショップで見かけることができないので、購入には苦労しそうです。

ペットで飼えるリスの種類④ リチャードソンジリス

リチャードソンジリス 飼育



リスというと素早く動き、木に登るというイメージですが、リチャードソンジリスは木に登らない種類のリスです。

見た目はプレーリードッグにも似ており、ずんぐりした体形がなんとも愛らしいリスです。

販売価格は1~3万円くらいが相場になっています。珍しい動物なので、複数匹入荷しているペットショップは珍しいです。購入時選ぶことができれば、なるべく警戒心の弱いリチャードソンジリスを選ぶと良いでしょう。

ペットで飼えるリスの種類⑤ バナナリス

リス 種類



体の大きさは17~22cmほどなので、大型のリスと分類されていますが、体全体が細長いため、あまり大きく感じませんし、体毛も短めでスッキリとした印象です。

バナナリスは臆病な性格で、大きな音が苦手だったり、人に懐きづらい所があります。

販売価格は5~7万円ほどで、リスの中では割と高価な部類です。また、広いケージが必要になるため、バナナリスを飼い始める際はまとまった金額が必要となるでしょう。

まとめ

リスは希少なものが多いので、ネット販売もされていますが、できれば店頭で飼育方法やアドバイスを店員さんに聞いて購入したほうが良いでしょう。

また、診察してくれる動物病院も少ないので、具合が悪くなってから探すのではなく、飼い始めた時に探しておくのが得策です。

リスは長くて10年ほど生きますので、責任を持って飼育してくださいね。

関連記事リチャードソンジリスの飼い方・販売価格・寿命について解説

スポンサーリンク