赤と白の模様が特徴的なレッドビーシュリンプは、水槽に入れると非常によく映え、苔取りに導入したのに気がつけば、熱帯魚よりもこちらの飼育がメインになっていたなんて方もいるようです。

体も小さいし、簡単に飼育できそう!と思われがちですが、意外と水質や水温にシビアですので、初心者でも飼育できますが、慣れるまでは大変かもしれません。

そんなレッドビーシュリンプの飼育方法や、気をつけるべき水温などについてまとめてみましたので、飼育に興味のある方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

生態は?

レッドビーシュリンプは赤と白の横縞模様がある淡水のエビで、原種はビーシュリンプという横縞模様が蜂のように見えるエビの品種改良されたものです。

このレッドビーシュリンプの品種改良の経緯となったのが、1991年に愛知県の愛好家の水槽内で突然変異したビーシュリンプが発見され、その赤色を固定させたものが現在のレッドビーシュリンプなのです。

この赤と白が織りなす模様の数々は、その色の濃さや模様の美しさの違いなどでグレードが分かれており、価格にもかなり影響しています。

レッドビーシュリンプは品種改良されて生まれた個体ですので当然、野生のものはおりません。

では、原種であるビーシュリンプはというと、養殖は盛んに行われていますが野生個体の正確な分布や、個体の確認はされておらず、現在は野生の生息地は消滅してしまったのではないかとも言われております。

飼育方法や必要なものは?

レッドビーシュリンプは成長しても3cm未満程度ですので、30cmくらいの小型水槽で飼育が可能です。数匹程度のレッドビーシュリンプを観賞用として飼育するのであれば、このような小さな水槽で問題ありませんが、繁殖を行いたいのであれば大きな水槽が必要になりますので注意してください。

中にはとても小さくデザイン性の高い水槽も販売されており、それを使用してレッドビーシュリンプを飼育することも可能です。しかし、このような小さな水槽は水量が少ないために水が汚れやすく、水温も変化しやすいです。

他にも、ろ過などの機材を取り付けられないという難点もありますので、よく考えて水槽を選んでみてください。

水槽内には鑑賞性を高めてくれる水草を設置するのがオススメです。水草は見た目を良くしてくれるだけでなく、レッドビーシュリンプの隠れ家となったり、餌にもなります。餌としても水草を設置する場合は、硬い草は食べられないのでウィローモスを入れてあげると良いでしょう。

水槽内の水質の維持は長生きさせるためには、常に清潔に保つ必要がありますの。先ほど少し触れましたが、ろ過装置を使って水を浄化させたり、底砂も水を綺麗にしてくれる作用があるものも販売されております。

レッドビーシュリンプは苔などを食べてくれるため、水槽内のお掃除役としても利用されることがありますが、数が少ないと目に見えて効力が発揮されないので、人間の手でのお掃除も必要となるでしょう。

スポンサーリンク

具体的な餌や与える頻度は?

レッドビーシュリンプ 飼育 病気



レッドビーシュリンプは雑食性のためなんでも食べますが、メインとしては人工飼料を与えるのが無難でしょう。レッドビーシュリンプ専用の餌が販売されていますが、ザリガニの餌も食べますので特にこだわりもなく、価格を抑えたいのであればザリガニの餌で良いでしょう。

水槽内に食べることのできる水草や苔の発生がないようであれば、植物性の餌を与えてあげると栄養バランスの偏りを解消することが可能です。

植物性の餌としては、茹でたほうれん草を与えるのが一般的なようですが、必ず無農薬のものを与えないと死んでしまう可能性もありますので気を付けましょう。

餌の頻度は1日に1〜2回くらいが目安となっていますが、水槽内に苔や、食べることができる草があれば数週間何も与えなくても死んでしまうことはないので、給餌の頻度はそれほど徹底しなくても問題ないでしょう。

販売価格や販売場所は?

ペットショップやアクアリウム専門店などで購入が可能ですので、店舗に足を運んで模様を確認して好みの個体を探してみてください。

インターネット通販でも購入は可能ですが、個体を確認できないので、レッドビーシュリンプのように模様の個体差が激しい生き物は、直接確認できる方法で購入するのが一番良い方法だと思います。

模様を気にせず大量に購入する場合は、逆にインターネット通販の方がお得だと思われますので、色々検討してみてください。

価格は、模様の出方や発色などで違いがあるため非常に金額差が出ており、5匹程度で1000円くらいの個体から10000円の値段がついているものまで存在しています。

特にこだわりがなければ、一番安い個体でも十分飼育は楽しめますので、無理に高価なレッドビーシュリンプを購入する必要はないでしょう。

スポンサーリンク

適切な水温は?

レッドビーシュリンプの飼育で最も難しいのが水温の維持や調節で、適正水温は20〜27℃とされていますが、目安としては24℃前後で水温を保つのが良いでしょう。

水温が低すぎても高すぎても死んでしまいますので、水槽にはヒーターやクーラーを使用して温度を一定に保つようにしましょう。

特に小さな水槽で飼育している場合は、温度の変化が激しいので特に注意が必要です。夏場などは窓の近くに水槽があるだけで水温がすぐに上昇してしまいますので、窓際の設置は避けた方が無難です。

水温の変化でレッドビーシュリンプが死んでしまうときは、一度に全滅するというよりは少しづつポツポツ死んでいく感じですので、立て続けに何匹も死んでいるようなら水温をチェックしてみましょう。

飼育する際の注意点は?

レッドビーシュリンプは苔を食べてくれるため、熱帯魚と混泳させることが非常に多い生き物ですが、すべての魚と混泳できるわけではなく、中には捕食してくる魚もおります。

混泳させる場合は隠れ家となる場所を複数設置したり、草食の魚と混泳させるなどしてレッドビーシュリンプを守ってあげましょう。

まとめ

レッドビーシュリンプ 飼育 寿命



見た目が赤と白なので、金魚みたいな雰囲気も併せ持つレッドビーシュリンプは、交配させて違う模様の個体を誕生させたりすることも楽しいです。

また、インテリアとして気軽な飼育を楽しむことができるのもレッドビーシュリンプの良い点ですので、色々な飼育の楽しみを見出してみてはいかがでしょうか。

関連記事
レッドビーシュリンプの寿命や病気について解説

スポンサーリンク