リクガメというと大きな体でとっても長生き!そんなイメージを持っている方も多いでしょう。

ヘルマンリクガメは、初心者でも飼育がしやすいといわれているリクガメの種類ですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

今回はヘルマンリクガメの飼育について、ご紹介いたします。

ヘルマンリクガメはどんな生き物?

ヘルマンリクガメは一般的に、懐いてくれるので性格も良く、大きさも成長しても20cmほどで、低温に耐えられる丈夫な体でとても飼いやすいといわれています。

体は比較的小さいですが、特徴的なドーム型の甲羅をしておりリクガメらしい見た目となっています。

主な生息地はスペイン、イタリア、南フランス、トルコなどで、ヒガシヘルマンリクガメとニシヘルマンリクガメの2種類いますが、日本へ多く流通しているのはヒガシヘルマンリクガメです。

元々の生息地と日本との気温の差があまりないので、温度管理に気を使うカメの飼育ですがヘルマンリクガメはその点あまり手がかからないとされています。

スポンサーリンク

ヘルマンリクガメの飼育に必要なもの・飼育方法は?

ヘルマンリクガメ 飼育



幼いヘルマンリクガメでしたら手のひらサイズほどで小さいため、飼育ケースも小さなものを選びがちですが、成長を考えると最初から大きなものを用意した方が良いでしょう。

目安としては90~120cmくらいの大きさと、湿気に弱いこともあり通気性の良いもののほうが望ましいです。

湿気が多いと病気になってしまうこともありますので、梅雨の時期などは特に注意してください。

飼育ケースの底にはヤシガラが適しておりますが、ウッドチップや赤土を入れてあげても良いです。

保温用ライトは28℃くらいに設定してあげて、さらにパネルヒーターを用意できるなら設置してあげても良いです。

ヘルマンリクガメは、水をよく飲むので飼育ゲージ内には必ず水入れを入れてあげてください。飼育スペースは蒸発しやすい環境ですので、無くならないように小まめにチェックしてあげましょう。

ヘルマンリクガメは草食性なので、餌は主に小松菜やチンゲン菜などの青野菜を中心に与え、さらにカルシウム補給のために、サザエの殻や卵の殻も食べさせてあげてください。

カメ専用フードも市販されていますが、甲羅がデコボコになってしまう恐れがあるので、与えるのは控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ヘルマンリクガメの平均的な寿命や販売価格は?

ヘルマンリクガメの値段の相場は15000~20000円ほどですが、子どものヘルマンリクガメは1~3万円ほどで購入することも可能です。

比較的安価で購入は可能ですが、初めての場合は飼育用ケースや保温用ライトなども必要となるので、全額で50000円ほどかかると思われます。

また、ヘルマンリクガメの寿命は30~50年ほどといわれており、とても長生きします。

最悪、飼育している自分よりもカメの方が長生き、なんてこともあり得ますので良く考えてから購入してくださいね。


ヘルマンリクガメの飼育の様子

ヘルマンリクガメはどこで販売されている?

流通量は多いのですが、一般的なペットショップにはあまり置いてないことが多いです。

爬虫類系を主に扱っているペットショップでは、販売されていることが多いので購入したい方はそういったお店を当たってみてください。

スポンサーリンク

ヘルマンリクガメを飼育する際の注意点は?

ヘルマンリクガメ 飼育



ヘルマンリクガメは湿度が高いところが苦手です。湿気の多い時期は特に注意してあげて、風通しの良い場所へ移動するなどストレスを与えないようにしましょう。

とても良く食べるヘルマンリクガメですが、栄養価の高いものをどんどん食べさせてしまうと急激に大きくなります。

急激な成長はヘルマンリクガメにとっては、甲羅がへこんだり、内臓が圧迫されたりなど良くない作用があり、死んでしまうこともあります。

たくさん食べてくれる姿はとてもかわいいですが、大切なヘルマンリクガメのためにも与えすぎには十分注意してください。

また、人間の食べ物などは絶対に与えないようにしましょう。

まとめ

成長しても20cmほどなので、その点は確かに飼いやすいですが、やはりカメですので寿命が長いのが難点です。

カメが大好きで死ぬまで飼いたい!という方には特に問題にはなりませんが、初めてカメを飼うのでしたらこの先飼育を続けていけるか不安にもなりますよね。

初心者にオススメという点では疑問を感じてしまいますが、ヘルマンリクガメはとてもかわいらしい魅力的なリクガメです。

カメが大好きな方なら是非、飼育をしてみてはいかがでしょうか?

関連記事ギリシャリクガメの販売価格・寿命・飼育方法について解説

スポンサーリンク