一昔前だと「爬虫類」と言うと余りいいイメージを持たれる事が無い種類の生き物でしたが、近年ペットブームと言う事も相まって爬虫類をペットとして飼う人も増えつつあります。

中でも女性の爬虫類飼育者も多くなってきており、一層の注目を集めているのではないでしょうか?

今回はそんな爬虫類の中でも比較的飼育がしやすいと言われている「コーンスネーク」に関して、その種類等を中心にご紹介していきたと思います。

コーンスネークとは?

ではまず、コーンスネークを知らない方の為にも、コーンスネークとは何なのかと言う所からご説明していきましょう。

コーンスネークはナミヘビ科ナメラ属に分類されるヘビで、和名を「アカダイショウ」と言います。

日本には「アオダイショウ」と言うヘビがいますが、それの仲間になります。

アメリカ原産のヘビで体長は平均して150㎝前後と言われていますが、稀に大きい個体で200㎝を超すコーンスネークもいるそうです。

そうは言ってもヘビなんで真っ直ぐピンっとしている事はそんなに無いのでそこまでの大きさは感じないかと思われます。

このコーンスネークは初めてヘビをペットして飼う方に向いていると言われるくらい飼育が比較的容易と言われています。

毒を持たず性格も温厚で余程こちらが怒らせたり危害を加えない限りは襲ってくる事も無くマイペースに過ごしています。

ヘビは飼育するにあたり、環境の変化に敏感で非常にデリケートと言われていますがコーンスネークは適応能力が高く体も丈夫な点等からヘビを飼う初心者向けと言われる所以でしょう。

そしてコーンスネークの特徴としてはカラーバリエーションが豊富な点が挙げられます。

特徴を持った個体同士を掛け合わせる事により新たな種類のコーンスネークを誕生させているので様々な種類が存在しています。

この様に、品種改良が行われた結果、バリエーションが増えコレクション性も高まった点等が人気になった一因でしょう。

上記で和名の「アカダイショウ」とご説明しましたが、こちらが一番ノーマルでスタンダードな種類になります。

それでは下記より、コーンスネークの色々な種類をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

コーンスネークの種類① ノーマル

コーンスネーク 種類



特徴
先程からご紹介している野生下にいるスタンダードな種類。

和名で「アカダイショウ」と呼ばれるのはその名の通り赤色をベースとしたカラーリングをしている

販売価格
5,000~8,000円台が平均的な販売価格の相場になっています。

稀に上記価格帯より安く販売されている事もあるみたいですが、大半は上記範囲内で落ち着いています。

コーンスネークの種類② アメラニスティック(アルビノ)

コーンスネーク 種類



特徴
黒色色素欠乏変異、簡単に言うとノーマルから黒色を抜いた個体を指します。

眼が赤い点も特徴的です。

アルビノと一言に言っても基の個体の色合い等によって変化があるので一括りには言いずらい点も。

販売価格
5,000~10,000円台が平均相場だと思われます。

ショップにより様々ですが、高い所は相場よりもう少し上で販売している所もありました。

スポンサーリンク

コーンスネークの種類③ アネリスリスティック

コーンスネーク 種類



特徴
アルビノとは逆で赤色色素欠乏変異でノーマル個体から赤色を抜いた個体で「ブラック」とも呼ばれています。

またこのアネリには「アネリA」「アネリB」「アネリC」と区別されています。

アネリAは一般的なアネリでアネリBはチャコール、アネリCはシンダー、と色合いにより分けられているのも特徴の1つですね。

販売価格
7,000~15,000円台で販売されている事が多いようです。

コーンスネークの種類④ スノー

コーンスネーク 種類



特徴
アメラニスティックとアネリAを掛け合わせる事により1/16の確率で誕生する個体です。

赤色・黒色色素共に欠乏する個体なので白いカラーになります。

綺麗と言うよりかは「美しい」と言う形容がしっくりくる個体ですね。

販売価格
10,000~20,000円、この範囲内で販売されている事が多いです。

とても人気のある種類のコーンスネークです。

スポンサーリンク

コーンスネークの種類⑤ ハイポメラニスティック

コーンスネーク 種類



特徴
黒色色素減少変異で、上記のアネリやアルビノとは異なり「欠乏」では無く「減少」なので黒色色素が全く無い訳では無い。

従いまして、黒色色素の出方によって見た目の変化が大きいです。

略してハイポと呼ばれています。

販売価格:
10,000~20,000円台が主な販売価格相場になっています。

まとめ

とても種類が豊富なコーンスネークについて記載させて頂きましたが、上記記載分はほんの一部に過ぎません。

もっとたくさんの種類のコーンスネークが存在し、毎年新しい種類が誕生しているのもコーンスネークの特徴です。

逆に言うと、種類が多すぎて何が何だか混乱してしまいそうな気がしなくも無いですが、スタンダードな種類であれば価格帯も比較的安価なので、コーンスネークを飼育しようと思っている人には価格面での敷居は決して高くはなさそうですね、

ベビー期から飼育するとよく懐くとも言われています。

爬虫類を飼育したいと思っているかたがいらっしゃれば、コーンスネークから始めてみては如何でしょうか?

以上、コーンスネークの種類・生態について解説でした!

関連記事爬虫類のペットで初心者が飼いやすい種類について紹介

スポンサーリンク