熱帯魚の中でも認知度が高く、一度は飼育してみたい憧れの魚として昔から君臨しているディスカスは「熱帯魚の王様」なんて言われるほど、見た目も華やかで大きな魚です。

そんなディスカスをいきなり何の知識もないまま飼育するのは無謀な話です。ですが、ディスカスの飼育難易度は高めなので、しっかりと知識をつけても死なせてしまう可能性もあります。

だからといって何も知らない状態で飼育するのと、無知な状態で飼育するのは雲泥の差があります。そこで、これからディスカスの飼育についてご紹介しますので、飼育の参考にして少しでも長生きさせてあげましょう。

生態は?

ディスカスは熱帯地方の水没林や、倒木の間などの周りを好んで群れを作り泳いでいる熱帯魚です。熱帯魚の王様と呼ばれているだけあり、体の大きさは約16〜20cmと立派な大きさをしています。

主に飼育されている熱帯魚の多くは、カラシン系のネオンテトラやカージナルテトラは数cmほどの体長ですし、そこから大きい、グッピーやプラティは4〜5cmくらいですので、その差は歴然です。

また、体の色は派手なものが多くカラーバリエーションも豊富で、品種改良も盛んに行われています。

そんなディスカスの性格は神経質で臆病なところがあるので、群れを作り泳いでいるのも性格が影響しているからでしょう。ちなみに、ディスカスのこのような習性は野生の個体の方がより強くあらわれ、繁殖個体では弱まる傾向があるようです。

不安を感じたりしてストレスを受けると、体の色が黒色へと変化してしまうので、飼育の際は体の色もよくチェックすると良いでしょう。

スポンサーリンク

飼育方法や必要なものは?

ディスカスを飼育する水槽は、体の小さな幼魚でしたら60cm水槽で10匹くらい飼育は可能ですが、成魚ですと同じくらいの水槽で5〜6匹程度しか飼育はできません。なので、小さな個体から継続して飼育するのであれば同じ水槽でそのままという訳にはいきません。

水槽を大きなものに変えたり複数の水槽に分けるなどの工夫が必要になります。また、ディスカスは臆病な性格で、群れで泳ぐ習性がありますので、最低でも5〜10匹は同じ水槽に同種の個体を入れてあげる必要があります。

初めから大きな水槽で飼育するというのも1つの方法ですが、広すぎる水槽はストレスになる場合もありますので、流木などを入れて広さを調節すると良いでしょう。。

水質の維持のためにろ過装置は必須ですが、ディスカスは水を汚すスピードが非常に早いため、簡易的な浄化装置では効果がありません。ある程度パワーがあるものを組み合わせるなどして、強力に水をろ過するようにしましょう。

ろ過装置だけではなく水換えも行う必要がありますが、頻度としてはろ過装置のパワーによって変わりますが、だいたい3日〜1週間くらいの間に一回という頻度が良いでしょう。中には非常に強力なろ過装置があり、その場合は1ヶ月水換えを行わなくても平気なようです。

適正水温は幼魚で30〜32℃となっており、高い水温となっています。ですが成魚になると26〜30℃と温度が下がるため注意が必要です。

実はこの幼魚時の高温の理由は鑑賞性を上げるために行っており、こうすることにより活性化して体の色がより美しく成長するためです。野生下のディスカスはもう少し低い温度で生活しているので、高温でなければ死んでしまうということはないようです。

飼育は基本的にベアタンクと呼ばれる底砂や水草を入れない水槽で飼育するのが一般的です。これはディスカスが水を汚しやすいため、頻繁に水換えなどを行わなくてはならないため、掃除がしやすいようにしているためです。

なので底砂や水草を入れても問題はありませんので、入れてあげれば鑑賞性も上がりますし、水草は水質を整える作用もあるため最近では入れた方が良い、という動きが強まっているようです。

スポンサーリンク

具体的な餌や与える頻度は?

ディスカス 飼育



ディスカスに餌を与える頻度は、大きさによって変わりますが成魚であれば1日に3回くらい与えると良いです。それよりも小さな未成魚や幼魚だとそれ以上与えてあげるのが理想的です。

しかし、働きに出ている人も多く、毎日何度も餌を与えるのは難しいと思われますので、朝起きてすぐに、家を出る前に、帰宅後すぐ、寝る前に、というような感じで、時間を少しズラして回数を稼ぐと良いでしょう。

ちなみに量は5分くらいで食べきれる量です。できれば食べ終わるまでの5分間は、食べている様子を確認して、食べ残しがないように量を調節してあげてください。

ディスカスに与える餌の種類は主にディスカスハンバーグ、冷凍アカムシ、人工飼料です。この3種類をバランスよく食べさせてあげると健康的で栄養が偏ることもありません。

ディスカスを飼育したことがない人にとって、不思議な印象を受けるディスカスハンバーグですが、人間が食べるハンバーグのようなものではなく、主に牛のハツなどで作られた生肉がペースト状になったものです。

この餌は非常に水質を悪くしてしまうため、食べ残しは極力減らしてください。適量を見極めるためにも5分以内で少量づつ与えるようにしましょう。

ディスカスハンバーグや冷凍アカムシはディスカスの食い付きも良いのですが、人工飼料に関しては、中には食べてくれない個体もいます。

特に冷凍アカムシなどの餌に慣れてしまっていると食べない傾向が強くなります。ですが、人工飼料もディスカスにとって必要な栄養素を含んでいますし、体の発色も良くしてくれる効果もあるので、根気強く与えてあげましょう。

販売価格や販売場所は?

ディスカスはとても人気のある熱帯魚ですので、どのお店でも取り扱いはあるはずです。しかし、ディスカスはレアな個体が多く、そのような魚を探しているのでしたらディスカス専門ショップやインターネット通販を利用した方が入手できる確率が上がるでしょう。

価格は一般的に販売されているものですと5000円が平均的な値段となっています。中には1000円くらいで購入できることもあるようです。

暖色系は高価になりがちですが、寒色系は安価なものが多い傾向がありますので、安い
個体を探しているのでしたら、目安にしてみてください。

また、個人経営のショップですと大型のアクアリウム専門店などと比べて値段が安めな傾向がありますので、そういったお店を覗いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

飼育する際の注意点は?

ディスカスは臆病な性格ですので単独飼育ですと元気に泳ぎ回らないこともあるので、基本的に同種を複数匹水槽に入れてあげてください。

決して小さな魚ではないので、複数匹となると大きめの水槽が必要になりますので、導入が難しいようであればディスカスの飼育は諦めた方が良いでしょう。

狭い水槽では満足に泳ぎ回れず、ストレスとなってしまいますので、寿命も短くなる可能性も高くなります。普通に飼育しているだけでも水が汚れやすいのですから、狭い水槽でしたら尚更です。

ディスカスが快適と感じる環境をなるべく作ってあげましょう。


ディスカスの飼育の様子

まとめ

ディスカス 飼育



ディスカスは飼育方法が特殊ではありますが、成体まで成長してしまうと、かなり体が丈夫になり、飼育しやすくなります。

特に原種ではなく、品種改良した種類のディスカスはより丈夫になりますので、初心者の方がディスカスの飼育に挑戦するのであれば品種改良された種類がオススメです。

群れで泳ぐため、大きめの水槽が必要だったり、水換えが大変だったりと、なにかと大変なディスカスの飼育ですが、育てていくうちに色が変わったり、模様が出てきたりと楽しみもたくさんありますので、死なせてしまうから手を出しづらいなんて言わずに挑戦してみてはいかがでしょうか。

きっとディスカスの魅力に気付き、もっと早くから飼育を始めれば良かった、なんて思うかもしれませんよ。

関連記事

スポンサーリンク