コーンスネークは飼育されているヘビの中では比較的飼育がしやすく、体の色もカラフルなので、女性からも好まれるヘビです。

ヘビは苦手な方も多いですがコーンスネークを知ったら、ちょっとイメージが変わるかもしれませんよ。

今回は、コーンスネークの飼育はいったいどのような感じなのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コーンスネークの生態は?

コーンスネークはアメリカ原産の毒性のないヘビです。野生のコーンスネークは濃いオレンジや赤に近い色をしており、アカダイショウとも呼ばれることもあるようです。

また、ペット用に品種改良されたものは色のバリエーションが豊富であり、コーンスネークはペットとして非常に人気が高いです。

穏やかな性格なので、基本的に噛むことはほぼないです。ですが、噛まないからといって、頻繁にスキンシップを取るのは危険です。

コーンスネークに限らず、ヘビはあまり触られるのは好きではありません。触り過ぎると餌を食べなくなってしまうこともあるので、スキンシップは控えめにしてくださいね。

成長すると1m以上の長さになりますが、2mになることはほとんどありません。普段はとぐろを巻いているので、より小さく感じますので、可愛らしさは成長しても残るでしょう。

コーンスネークの飼育方法や必要なものは?

コーンスネーク 飼育



ヘビは大きさの割には、小さな飼育ケージで大丈夫です。大抵はとぐろを巻いているので広いスペースは必要なく、動いたとしても体が柔らかいので移動も可能です。

1mのコーンスネークを飼育するなら60cmのケージで問題ありません。

飼育ケージの素材は基本的になんでも大丈夫ですが、絶対に気を付けて欲しいのが蓋です。キチンと蓋をしていても逃げてしまうケースもあるようなので、何をしても絶対に出られないような蓋をしっかりとできるものを使いましょう。金網タイプの蓋でしたら網目はなるべく細かいものを選んでください。

もちろん、密閉されていて通気口が無いものは死んでしまうので、必ず穴が開いているものを使ってください。

コーンスネークは割と寒さには強い方ですが、下がり過ぎると消化不良を起こすこともあるので注意してください。気温が下がる季節はパネルヒーターなどを使用して温めてあげましょう。

適正温度は、昼間は22~28℃で夜間は18~21℃です。時間帯によって温度に違いがありますので温度計を設置して適正値かどうか確認するようにしましょう。

水は飲み水としても必要ですが、水浴びもするので、とぐろを巻いたサイズより大きい入れ物に水を入れて飼育ケージに入れてあげて下さい。

また、水の温度も冷たすぎると体温が下がってしまうので常温くらいが良いでしょう。

その他にはシェルターを飼育ケージ内に設置してください。色々な素材のものが販売していますが。木製のタイプは特にオススメです。

成長したときに慣れておいた方が、より安全に飼育できますので、コーンスネークがまだ小さいうちは、毎日手に取ってスキンシップをしてみてください。ただし長時間は避け、10分くらいだけに留めておいてください。

飼育環境を清潔に維持するためにも、水は毎日交換し、食べ残しや脱皮した皮があれば除去しましょう。ケージの全体的な掃除は週1くらいの頻度で行うと良いでしょう。

スポンサーリンク

コーンスネークの具体的な餌は?

コーンスネークは主にピンクマウスを与えてあげると良いです。販売されているものは主に冷凍なので、与える分だけ解凍して食べさせて下さい。

小さなコーンスネークの場合はピンクマウスをカットして食べやすい大きさにして与えると良いです。

餌やりの頻度は毎日ではなく、成長期のコーンスネークでしたら週2回程度、成長が止まったら週1の頻度で大丈夫です。

コーンスネークの平均的な寿命や販売価格は?

コーンスネークの寿命は10~15年くらいです。寿命は長めなので、飼い始めたら長い付き合いになりますので、よく考えてから飼育を始めてください。

値段はノーマルだと6000~7000円くらいですが、珍しい色の個体は20000円以上になることも多いようです。ちなみに、サイズが小さいと価格を抑えることができますよ。

スポンサーリンク

コーンスネークを飼育する際の注意点は?

とにかく脱走にはくれぐれも注意をしましょう。飼い主は毒のなことを理解していても、一般の人はヘビには毒があると思っている方が多く、ビックリさせてしまいます。

また、そのまま外に出てしまい、見つからなくなると環境にどのような影響が及ぶか分かりません。

蓋の開け閉めは十分注意して行い、甘くなっていたらすぐに直すようにしてください。


コーンスネークの飼育の様子

まとめ

コーンスネーク 飼育



コーンスネークは小さいサイズの物はミニチュアのおもちゃにも見えてしまうほど小さく可愛いです。しかし、可愛いのでつい触りたくなりますが、過度なスキンシップができないのがちょっと寂しい所でもあります。

毒は無いヘビですが、家族の中に苦手な人がいるかもしれません。飼育の際は納得してもらってから飼育を始めて下さいね。また、脱走にはくれぐれも注意しましょう。

関連記事コーンスネークの種類・生態について解説

スポンサーリンク