ガーの仲間は非常に大きくなる種類も多いですがスポッテッドガーは非常に小型なため、飼育している方も多いガーバイクです。

細長く伸びた口がとても面白いので、ちょっと気になっているなんて方も多いです。

実際に飼育するならば、何が必要か疑問も多いかと思いますので、スポッテッドガーの飼育についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

スポッテッドガーとは?

スポッテッドガーはアメリカ東部に生息しており、水草が多く生えている流れの緩やかな河川や湖などの淡水で生活しています。

スポッテッドガーを含むガーという種類の特徴は体が細長く、口が伸びているような形でその中には針のように鋭い歯が並んでいます。スポテットガーは小型種なので40~50cmが一般的なサイズですが、最大種のアリゲーターガーは2mを超える個体が多いです。

スポッテッドガーの性格は大人しいため飼育も安心してできますし、同等のサイズの魚でしたら混泳も可能です。

スポンサーリンク

スポッテッドガーの飼育方法や必要なものは?

スポッテッドガーの飼育は90~120cmの水槽で飼育できます。販売されているものは小さなサイズが多いので、それに合わせた水槽を購入してしまうと、成長して手狭になってしまいます。水槽の大きさは余裕のあるものを選ぶと良いでしょう。

底砂は好みのものを使用すれば問題ありませんが、細目の砂利が好ましいです。また、水草を設置する場合は安定が良い、流木付きの水草なら抜けてしまって良く育たないなどのトラブルもなく、レイアウトとしても優秀なのでオススメです。

スポッテッドガーは水質に敏感なので、水温や水の汚染に注意してください。

まず水温は20~28℃の間が適温となっていますが、混泳をさせるならば25~28℃でも大丈夫です。その他にphは7前後になるように水質を調整してあげれば、まず病気になることもないでしょう。

水温や水質が急激に変化すると、ショックを起こして死んでしまうこともあるので、特に水替えの際は注意して行ってください。水質が変わらないように、水の全変えはせずに1/2~1/3ほど交換するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

スポッテッドガーの具体的な餌は?

スポッテッドガー 飼育



スポッテッドガーの餌は、人工用飼料も食べますし、ザリガニやメダカなども食べますので、生餌として与えると尚良いです。

20cmほどのスポッテッドガーならメダカを10匹ほど入れておけば1~2日くらいで全て食べ終えてしまうでしょう。ある程度大きくなるまでは餌がある環境にして、成長を促してください。

そのため、餌が無くなったら生餌や人工飼料を与えて下さい。ある程度大きくなるまでは生餌も同時に飼育しているような水槽になるでしょう。

このような与え方の場合、水質が悪化しやすいので、気を付けて下さいね。


スポッテッドガーの飼育の様子

スポッテッドガーの平均的な寿命や販売価格は?

スポッテッドガーの価格は小さな稚魚であれば1000~2000円で販売されているものが多いですが、10cmを超えてくると5000円前後に価格が上がります。

さらに成魚となると数万円する個体もいるようです。

また、寿命は10年ほどで、成長スピードは1~2年で30cmを超え大きくなります。

中には15年生きた飼育下の個体もいますので、飼育環境を整えてあげて、長生きさせてあげてください。

スポンサーリンク

スポッテッドガーを飼育する際の注意点は?

スポテットガーの性格は大人しいので混泳は可能ですが、口に入るサイズの魚は餌と勘違いしてしまい、食べてしまいます。混泳させる場合は、スポテットガーよりも大きなサイズの魚が良いでしょう。

ちなみに、スポッテッドガーは他の魚とケンカをしても、鱗が硬く怪我をしないため、ちょっと荒い性格の魚を混泳させても平気のようです。ただし、中には鱗をはがしてしまう魚もおりますので注意してください。

まとめ

スポッテッドガー 飼育



小さなスポッテッドガーは口も小さく可愛らしいですが、成魚になるとかなり貫禄があります。歯は鋭いので、怪我には注意してください。

基本的に性格は大人しいですので、向こうから噛みついてくる心配はないと思いますが、水槽に手を入れたり、水替えの際は注意してくださいね。

関連記事雷魚の飼育方法・混泳・餌について解説

スポンサーリンク