モンマーモセットはどんな生き物?

最近、ペットを飼っている人そのものが増えていますがそれに伴い色んな種類のペットも増えています。

定番の「犬」・「猫」だけでは無く少し人と違うペットを飼いたい、と思う方も増えつつあり少し珍しいペットを飼っている人も多くなりつつあるそうです。

そんな中、今回ご紹介したいのは「コモンマーモセット」です。

突然、「コモンマーモセット」と言われてピンとくる方は動物好きか関係者くらいかも知れないので、まずはコモンマーモセットについてご紹介していきましょう。

コモンマーモセットはブラジル東部熱帯林に生息しており、樹上棲のサルです。

体長は約25センチ前後とサルの中では小型であり、体重も500g未満と軽量な点からペットとしての需要が高まりつつあります。

手足以外はフサフサのグレーや茶色っぽい毛で覆われており、耳回りの白い毛はコモンマーモセットの最大の特徴です。この耳回りの白い毛を見ると「三島平八」を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか?

三島平八が分からない方はググって頂いて私の思いと共有して頂ければ幸いです。そっくりでは無いですよ、部分的に似てるだけです。

では気を取り直して、コモンマーモセットに関してですが、サルなので非常に知能が高い傾向にあります。足の親指は平爪でそれ以外は鉤爪になっています。

スポンサーリンク

コモンマーモセットの飼育に必要な物は?

コモンマーモセットを飼育する際に何が必要か気になる所ですよね。

必要な物を下記に記載していきますのでご確認下さい。

・ケージ

コモンマーモセット自体のサイズは余り大きくは無いですが、ある程度動きが取れるサイズのケージは用意してあげましょう。
ケージが小さすぎると余り身動きしなくなると運動不足にもなりますし、筋力低下を防げます。

・止まり木

上記でも記載した様にコモンマーモセットは樹上棲のサルです。
休憩したり登って遊んだり運動出来る様な木を置いてあげましょう。

・エサ入れ用プラケース

特にプラケースで無くてもいいのですが、齧る性質があるので簡易に使い捨て出来るプラケースがいいかと思います。
勿論、考え方なので逆に壊れにくい素材の容器を用意して頂いても構いません。

・水飲み用給水器
ケージ内に直接水を置くと不衛生になりかねないので取付型の給水器を用意しましょう。

・保温器具/ライト

本来、暖かい場所に生息しているので寒さには余り強くありません。
適温は25~30℃くらいと言われていますのでセラミックライト等を用いて暖かくしてあげましょう。
併せて、ケージ内を照射するポットスポット用ライトも用意してあげ、コモンマーモセットが寒くなった際に暖を取れる様にしましょう。

・紫外線ライト

野生下では太陽光を浴びる事により紫外線を吸収していますが、室内飼育の場合は外に出掛けない限りは紫外線を浴びる事は無いと思うので1つ用意しましょう。

紫外線を浴びる事によりビタミンDを生成しています。
太陽光を浴びて日光浴が出来れは一番良いのですが、必ずしもそう出来るとは限らないので紫外線ライトの用意も忘れずにお願いします。

・首輪/リード等

ケージから出す際に必要になります。
ただ、コモンマーモセット用の首輪等はありませんので、小動物用の物で代用出来そうな物を使ってください。


以上、ざっくりとですが飼育する際に必要な物になります。
他にも飼育していく上で必要な物が出てくるかも知れませんが、その時はその都度その都度用意しましょう。

スポンサーリンク

コモンマーモセットの飼育方法は?

飼育方法に関しては上記の「必要な物」にて少し触れている箇所もあるので若干重複してしまう箇所もありますが、室温の管理には気を付けましょう。

他にはエサに関してですが、コモンマーモセットは野生下では昆虫や果実等を食べていますが、飼育環境下では「モンキーフード」と言うサル用のエサが販売されています。

これを主食として他に果物等を副食として与えれば良いでしょう。この際に人間が食べている物は決して与えない様にしましょう。

濃い味付けの物等を与えてしまうと病気の原因にもなってしまいます。

コモンマーモセットの可愛い入浴シーン

コモンマーモセットの平均的な販売価格は?

コモンマーモセット 飼育方法



ショップ及び販売所により価格は異なってきますがだいたい25~50万くらいで販売されているかと思います。

オスよりメスの方が値段が高い傾向になっていますね。

この価格を高いと見るか安いと見るかは人それぞれですが。。。

コモンマーモセットの平均寿命は?

平均寿命は10~15年と言われています。

犬・猫を含むペットを飼育していく上で色んな制約が出てきます。

その制約と言うのは、家を空けられない・長期間旅行に行く等と言った事です。

コモンマーモセットの寿命は上記の様に10~15年と考えれば、その期間はお世話をしなくてはいけません。

ペットホテル等もたいていの所は預かってくれるのは犬・猫です。

ペットと暮らすと言う事は自己犠牲を伴う部分もあるので、その点をキッチリ理解した上で飼育をしてあげて下さい。

コモンマーモセットを飼育する際の注意点は?

主な注意点としては、トイレに関しての躾は出来ません。

良くテレビ番組等でオムツを履かしているのを見た事があるかも知れませんが、ベビー期の頃から慣れさせないと難しい模様です。

また、コモンマーモセットはサルなので知能が高い、と触れましたが、それ故に飼育が難しい点も出てきます。

頭が良いが故、人間に懐こうとせず自分の世界を築こうとする場合もあります。

人に近い感情を持ち合わせているので、互いに時間を掛けゆっくりとでも絆を深めていければ良きパートナーになれるかも知れません。

他にはコモンマーモセットは非常に寂しがり屋な一面も持ち合わせています。

寂しさがストレスになり尻尾を噛んでしまう事もあるので注意して観察してあげましょう。

まとめ

コモンマーモセット 飼育方法



ペットとしてコモンマーモセットを飼育するには正直ハードルが高いかな?と言う気はしなくもありません。

販売価格が高い点もそうですし、飼育環境を整えるのにも維持するのにもそれなりのコストが掛かります。

犬みたいに従順でも無いですし、飼育難易度は若干高めな感は否めません。

ネガティブな事ばかり書いていますが、野性味溢れるコモンマーモセットを飼育するにはそれなりの覚悟と言うか決断が必要だと思うからです。

やっぱり飼育が出来ずに途中放棄、とかは絶対に避けて欲しいですし、誰かに譲渡してもその次の方に懐く可能性は凄く低いからです。

キチンと今の状況を考え熟考して検討して下さい。

以上、コモンマーモセットの飼育方法・寿命・販売価格について解説でした!

関連記事ピグミーマーモセットの価格・寿命・飼い方について解説

スポンサーリンク