熱帯魚の中でスズメダイは種類も多く、そして色鮮やかな個体が多く、そのためとても人気のある魚の種類です。

数ある種類の中から厳選して、いくつか飼育しやすいものをまとめてみました。

どれも色鮮やかでオススメなものを揃えてみたので、海水魚の購入を考えている方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スズメダイの生態は?

スズメダイの種類のグループは非常に数が多く、中にはクマノミなども含まれています。

熱帯の海に広く分布しているスズメダイですが、日本の海にも生息している種類もおり、約300種以上が確認されています。

熱帯魚というとカラフルな魚をイメージしますが、スズメダイはイメージ通りのカラフルな魚がとても多く、アクアリウムをされている方や、ダイバーさんなどから非常に好まれている魚です。

300種以上いるスズメダイですが、飼育用としてアクアリウム専門店などで入手できる種類は50種ほどに減ってしまいます。ですが50種でもかなりの多さですよね。

スズメダイの種類は、ほとんどの種類のものが性格が荒く、縄張り意識が強いものが多く、混泳できないものが多いです。

せっかく美しい魚なのに混泳できないなんて寂しいですが、レイアウトなどを工夫してスズメダイの飼育を楽しんでみてください。

スズメダイの種類① デバスズメダイ

スズメダイ 種類



体の色がエメラルドブルーで非常に美しいスズメダイで、大きさは最大でも8cmほどで小さく可愛らしいです。

群泳ができる特徴があり、まとまって泳ぐ姿はより美しく感じられます。荒くれ者が多いスズメダイの中では、かなり珍しいですが大人しい性格です。

小さな個体でしたら1匹あたり300円くらいで購入できてしまう手頃さも魅力です。

寿命は飼育下で10年くらいなので、割と長生きです。この値段でこんなに長く楽しめるなんてお得ですね。

スポンサーリンク

スズメダイの種類② シリキルリスズメダイ

デバスズメダイ 種類



体全体は鮮やかなブルーですが、尾の付け根にあるワンポイントのイエローが何とも特徴的なシリキルリスズメダイは、最大でも5cmほどでデバスズメダイ同様に可愛らしいスズメダイです。

ですが性格はデバスズメダイと真逆で、かなり荒くスズメダイの中でもダントツといわれるくらいです。

そのため混泳は基本的に避けた方が良いですが、ヤッコ類やハギ類などの体格差のある海水魚でしたら大丈夫な場合もあります。ですが、注意が必要となるため、できれば混泳させない方が無難でしょう。

販売価格は1匹あたり500円ほどなので安価で購入が可能です。大抵はセット販売で1000円弱ほどで売られており、シリキルリスズメダイが数匹水槽に入るだけで華やかなアクアリウムになるでしょう。

寿命は大体3~5年ほどなので、少し短めですが色々な魚の飼育を試してみたい方にとってはちょうど良いかもしれませんね。

スズメダイの種類③ トールボッツダムセル

デバスズメダイ 種類



トールボッツダムセルも5cmくらいの小型で可愛らしい魚です。その見た目は頭部分から体にかけてのイエローからピンクのグラデーションが非常に美しく、女性にもとても人気があります。

また、丈夫な種類でもあるので、初心者でも飼育しやすいです。

やはりスズメダイなので、性格はきついので混泳には向いていません。特に臆病な魚には攻撃的になるという、ちょっと性格の悪いやつです。

混泳はできませんが、サンゴの水槽で飼育が可能なので、彩りなどの面でトールボッツダムセルだけだと寂しい場合はレイアウトなどでカバーしてみてください。

価格は1匹あたり500円ほどです。安いのでまとめて購入し、何匹か同時に飼育する場合は5匹以上にしましょう。3~4匹だとケンカをしてしまうこともあるので注意です。

寿命はデバスズメダイと似ている種類なので10年くらいではないでしょうか。丈夫だといっても限度があるので、なるべくキレイな水質を保って長生きさせてあげて下さい。

スズメダイの種類④ アレンズダムセル

デバスズメダイ 種類



メタリックなブルーカラーが非常に美しいため、照明などに当たり反射する様子は見ていて飽きません。目立つ体の色なので、水槽内のアクセントに最適です。

水温変化にも非常に強いので、小まめにチェックできない方でも比較的安心して飼育できるかと思われます。

大きさは成魚で6cmほどですが、やはり気性は荒く縄張り意識がとても強いため、同じ水槽内に気の弱い魚がいると、追い回したり攻撃したりします。

販売価格は1匹あたり600円くらいで、寿命は10年くらいです。10年も飼育していると飽きてしまうかもしれませんが、サンゴなどと一緒に飼育はできないので、その他のレイアウトを変えるなどして、マンネリを解消しましょう。

スポンサーリンク

スズメダイの種類⑤ リュウキュウスズメダイ

デバスズメダイ 種類



リュウキュウスズメダイは白黒のストライプ模様がとても個性的なスズメダイです。

野生下のリュウキュウスズメダイはサンゴ礁の周りで生活しているものが多いので、水槽で飼育する場合でもサンゴを入れてあげても良いですね。

やはり混泳は控えた方が良いですが、体格差のある大きな魚のヤッコ類などとは混泳できる場合もあります。うまくいかないことも十分あり得ますので、混泳の際は注意して見てあげて下さい。

価格は1匹500円ほどで購入しやすく、また、寿命は3年ほどなので、少し短く感じますね。丈夫な魚ではありますが、水質には気を付けてあげて、寿命を全うさせてあげて下さいね。


スズメダイの飼育の様子

まとめ

どのスズメダイも美しいので全部一度に水槽に入れたいくらいですが、ケンカになるのでやめましょう。

大きな水槽で飼育すると、混泳でも問題ない場合があるので、どうしても何種類か水槽に入れたい方は水槽のサイズを変えてチャレンジしてみても良いでしょう。

関連記事グッピーの種類・生態について解説

スポンサーリンク